気になるカテゴリから記事を探す 

人生最高体重・70kgに到達した際の太った15の生活習慣

ユキ

こんにちは、@ユキです。
ライザップライザップウーマンの両方に通った、珍しい経験を持ちます。
私が人生最高体重・70kgに到達した際の太った生活習慣について、お話しします!

以下のような方のために、この記事を書きました。

  • 何もしていないのに太ったと思い込んでいる方
  • 食べていないのに太ったと思い込んでいる方
  • 太った原因が知りたい方
  • デブの生活習慣が気になる方

70kgに到達した過去がある私

ユキ

30歳の時に、70kgになったよ!

当サイトの運営者・ユキは、30歳の頃に人生最高体重・70kgに到達しました。
身長が160cmだったので、完全なデブ(肥満)です。
当時の写真を見返すと、気持ち悪いデブ(私)がそこに写っています。
にもかかわらず、当時の私は自分をぽっちゃり女子だと勘違いしていました(アチャァ

完全なデブになると、どんなことが起こると思いますか?
あくまで70kg時代の私の体験談ですが、以下のようなことが起こりました。

  • 原因不明の体調不良になる
  • 体から異臭がする
  • 屁が止まらなくなる
  • 末端冷え性になる
  • 脚を故障する
  • 肌荒れする
  • 赤ら顔になる
  • 見知らぬ人から蔑んだ目で見られる
  • アパレルショップのスタッフの顔が引きつる
  • 洋服選びの基準が似合うかではなく入るかどうか
  • 自己肯定感が下がる

せっかくの華の20代の大半を、醜いデブの姿で過ごしてしまった私。
当記事に辿り着いたあなたには、同じ思いをしてほしくありません。

私が人生最高体重・70kgに到達した際の、太った生活習慣をあなたにお話しします。

もくじに戻る

元デブ女が語る・太った15の生活習慣

ユキ

私は、なんで太ったんだろう?

何もしていないのに、太った!
食べていないのに、太った!

体重が増え、ボディラインが崩れるのには必ず原因があります。
しかし、当のデブにはその原因が思い当たらないことがしばしば。
まさに、当時の私のことです 笑

参考までに、私が人生最高体重・70kgに到達した際の太った生活習慣は、以下の通りです。

  1. ストレスが多い
  2. 糖質&脂質を好む
  3. 満腹になるまで食べ続ける
  4. よく噛まない
  5. 単品料理が多い
  6. タンパク質不足
  7. ジュースを毎日飲む
  8. 間食が多い
  9. 食べたものを把握しない
  10. 朝食がコンビニ飯
  11. 休日を寝て過ごす
  12. 一日二食生活
  13. 睡眠時間が少ない
  14. 体重計に乗らない
  15. 自分を観察することを怠る

ストレスが多い

ユキ

私は、ストレスが多かったので太りました。

ストレスを感じると、過食に走る人は女性に多いです。
まさに私が、それでした。
前職では上司からはパワハラを、お局群団からはいじめを受け、強いストレスを感じていました。

「自分はまだやれる!」
「自分はもっとできる子!!」
「絶対に負けない!!!」

と強がって仕事を続けていましたが心は確実にダメージを受けており、過食という形で解消しようとしていました。
過食以外にストレスを解消できる手段を知っていれば、70kgのデブにはならなかったでしょう。

糖質&脂質を好む

ユキ

私は、糖質と脂質が好きだったので太りました。

食生活で太る原因は、糖質か脂質の摂りすぎによるものです。
私はその両方を好んで食べていたので、効率よく太りました(ハハハ

デブ時代に好んで食べていたのは、フライドポテトやポテトコロッケ、ポテトチップスです。
糖質と脂質の夢のコラボレーション、もといデブのエサです。

上述のように、私は過食でストレスを解消していました。
糖質と脂質を過食していたんだから、太ったのは当然です。

満腹になるまで食べ続ける

ユキ

私は、満腹になるまで食べ続けたので太りました。

腹八分目がちょうどいい、と一般的にはいいます。
しかし私は、満腹ならないと満足できなかったんです。

デブ時代は、一人暮らしにもかかわらず家族用の大皿に単品料理を盛り付けていたのが良くありませんでした。
大皿に見合うだけの量の食事を、作ってしまうんです。
今は数種類の料理を少量ずつ、仕切りがあるプレートにキレイに盛り付けるようにしています。
満腹になる前に、視覚から満足感を得ることができます。
また数種類の料理を揃えることで、栄養バランスが整います。

よく噛まない

ユキ

私は、よく噛まなかったので太りました。

食べるときに噛む回数が少ないと、早食いにつながります。
満腹を感じる隙を脳に与えないうちにどんどん食べ物を口にするので、食べ過ぎにつながります。

よく噛まずに食べ物を飲み込むと、消化器官に負担を与えます。
そうすると、内臓脂肪が増えるらしいです。
内臓脂肪は、おじさんに多いと言われます。
女性である私が内臓脂肪が多いのは、よく噛まなかったせいです。

よく噛まないクセは、小さい頃からのクセです。
そしてダイエットに成功した今も、完全には直っていません。
よく噛んで食べる、これは私の課題です。

単品料理が多い

ユキ

私は、単品料理を多く食べていたので太りました。

単品料理とは、食器一つで出される簡単な料理です。
例えばカレーや丼物、パスタが挙げられます。

単品料理は、栄養バランスが偏っていることが多いです。
特に糖質が多く、ビタミンやミネラルが不足しています。
栄養バランスが欠けた食事は、太るだけではなく肌の不調を招きます。
デブ時代の私が、肌荒れに悩まされたり赤ら顔だったのは、単品料理が多くて栄養バランスを欠いていたからだと今になって思います(遠い目

タンパク質不足

ユキ

私は、タンパク質が不足していたので太りました。

タンパク質は、肌や髪、爪、筋肉のような体の組織をつくるはたらきがあります。
ボディメイクには欠かせない栄養素です。

そのほか、ホルモンの元になって免疫力を高めるはたらきもあります。
デブ時代の私が、原因不明の体調不良で頻繁に寝込んでいたのはタンパク質が不足していたせいではないかと今になって思います(遠い目

一日のタンパク質摂取量の目安は、体重×1gです。
デブ時代の私の体重は、70kg。
つまり一日70gのタンパク質を摂る必要がありました。
しかし当時は、糖質と脂質過多の非常に偏った食生活を送っていました。
ダイエットに成功して53kgになった今、一日53gのタンパク質を摂る必要があります。
実践しようとすると難しく、プロテインのようなサプリメントに頼らないと達成できません。
53kgになった今でも、必要なタンパク質量を満たすことが難しいと感じます。
いわんや、70kg時代をや。

タンパク質は、過食防止にも効果的です。
肉や魚を食べると、少量でも満足感を得られませんか?
ストレスを過食で解消するような、デブ時代の私のような方には意識的にタンパク質を摂ってほしいです。

ジュースを毎日飲む

ユキ

私は、ジュースを毎日飲んでいたので太りました。

私の前職では、コーヒーと牛乳が無料で飲み放題でした。
無料なのをいいことに、私は毎朝カフェオレを作って飲んでいました。
牛乳は、タンパク質とカルシウムが豊富に含まれている準完全栄養食品です。
適量を飲む分には、牛乳は素晴らしいです。
ただ私が飲んでいたのは、牛乳過多のカフェオレ。
牛乳には乳糖と脂肪が多いため、飲みすぎると太ります。

また私の前職では、お中元とお歳暮の時期になると、お客さんから大量の野菜ジュースが送られてきていました。
自由に飲んでいいという言葉に甘え、毎日200mLのパックを1本ずつ飲んでいました。
野菜ジュースはその名称から、野菜に含まれる栄養を効率よく摂取できる栄養ドリンクだと勘違いされます。
しかしその実態は、糖分たっぷりのジュース。
飲みすぎると、当然太ります。

健康的な飲み物を飲んでいるにもかかわらず、どんどん太っていく自分を不思議に思っていた当時の私に教えてあげたいです。
あんた・・・バカ?

間食が多い

ユキ

私は、間食が多かったので太りました。

私の前職では、毎日16時になるとおやつ(間食)が配られていました。
どんな牧歌的な職場だよって感じですよね 笑

間食が多いと、当然に太ります。
しかしお局群団がスリム体型ばかりだったので、「お局たちが太っていないんだから、私が食べても大丈夫でしょ?」と油断していました。
上述の通り、私は牛乳過多のカフェオレや野菜ジュースを存分に飲んだうえでの、間食。
太って当然です。

食べたものを把握しない

ユキ

私は、食べたものを把握しなかったので太りました。

デブの口癖、それは「食べていないのに、太った!」。
デブ時代の私の口癖が、まさにそうでした。
それもそのはず、自分の食べたものを把握していなかったからです。

ダイエットに取り組む前にするべきは、食事の記録をつけることです。
無自覚でカロリーや糖質、脂質が高いものを口にしている可能性があります。
私の場合、食事の記録をつけてはじめて、健康に良いと思って毎日口にしていた牛乳過多のカフェオレと野菜ジュースがまずかったと気付くことができました。

朝食がコンビニ飯

ユキ

私は、朝食がコンビニ飯だったので太りました。

上述の通り、私はストレスを過食で解消していました。
過食するのは、夕食時。
満腹状態のまま眠るため、目覚めの胃の調子は最悪です。

吐き気をこらえて起床し、身支度を済ませて家を出ます。
職場の最寄りのコンビニに立ち寄り食糧を調達し、胃の調子が良くなった始業前に慌てて牛乳過多のカフェオレとともに流し込みます。
そんな毎日を、送っていました。

コンビニ飯は、選べば太りません。
しかしデブ時代の私が選んでいたのは、サンドイッチや菓子パン。
精製された糖質と、たっぷり含まれたバターや砂糖、そして申し訳程度のタンパク質と野菜。
痩せるわけがありませんし、栄養は摂れていませんでした。

休日を寝て過ごす

ユキ

私は、休日を寝て過ごしていたので太りました。

平日は、上司からのパワハラやお局群団からのいじめに耐えるストレスだらけのOL生活。
休日は現実逃避をするべく、布団から出ずにスマホでネットサーフィンをしていました。

一日中寝て過ごすと、筋肉が動きません。
貴重な筋肉が分解され、太りやすく痩せにくい体になります。
日光に当たらないと自己肯定感が下がり、メンタル不調に陥ります。
メンタル不調に陥った私は、過食でストレスを解消しようとします。
過食をすると、どんどん太っていきます。
そして再び自己肯定感が下がり、メンタル不調に陥って過食へ・・・。
無限ループです。

アウトドアの趣味があれば、良かったのでしょう。
しかし生来の根暗な引きこもりの私は、インドアの趣味しかありませんでした。

一日二食生活

ユキ

私は、一日二食生活を送っていたので太りました。

平日は、かろうじて三食(間食入れると四食以上)生活を送っていた私。
しかし休日は二食、ひどいときは一食生活を送っていました。
なぜなら休日は起きるのが昼過ぎであり、昼過ぎに食べて引きこもっていると、夜になってもお腹が空かないんです。

一日に食べる回数が少ないと、一食あたりに口にする食べ物の量が増えます。
食間が空きすぎているために血糖値が下がった状態で大量の食べ物を口にするので、血糖値が急激に上がります。
するとインスリンが分泌され、太りやすくなります。

同じ量でも、食べる回数を分ければ血糖値は安定します。
早起きして、平日と同じ時間に適切な量を食べる。
これだけでも、圧倒的に太りにくくなります。

睡眠時間が少ない

ユキ

私は、睡眠時間が少なかったので太りました。

平日は、上司からのパワハラやお局群団からのいじめに耐えるストレスだらけのOL生活。
朝が来るのが怖くて、出勤するのが嫌で、現実逃避のために夜更かしをしてネットサーフィンをしていました。
睡眠時間が少ないと、食欲やメンタルがコントロールできなくなります。

デブ時代の私の平日の平均睡眠時間は、4-5時間。
メンタル不調に悩まされていただけではなく、仕事でミスを連発していました。
至らない自分にストレスを感じ、過食をしていました。

今は、8時間は眠るようにしています。
今もメンヘラ気味ではあるものの、以前よりはメンタルが安定するようになりました。
また、深夜に冷蔵庫を開けて食糧を漁ることもなくなりました。

体重計に乗らない

ユキ

私は、体重計に乗らなかったので太りました。

20代の頃の私は、自宅に体重計がありませんでした。
体重をはかるのは、一年に一度。
職場の健康診断があるときだけです。
一年に一度しか現実を見ないで済むので、心は平穏に保てます。
体重と体脂肪は、確実に増えていることには変わらないのに。

自分を観察することを怠る

ユキ

私は、自分を観察することを怠ったので太りました。

人によって、太り方はさまざまです。
全身まんべんなく太る人。
顔に肉がつく人。
下半身が太りやすい人。
私は、顔や腕、脚に肉がつきにくいです。
しかし、胴体部分に肉がつくんです。
生来の体質と、姿勢の悪さによるものです。

胴体は、人の目につきにくいです。
そして自分の目にもつきにくいです。
だから、「まだ大丈夫でしょ!?」という甘えと油断が生じました。
胴体に肉がつきやすいのなら、自分への戒めになるよう、ボディラインが出るタイプの洋服を日頃から着るべきでした。

もくじに戻る

痩せる生活習慣を身につけよう

私は上述のような生活を送っていたので、30歳の頃に70kgに到達しました。
太るべくして太った、デブです。

何もしていないのに、太った!
食べていないのに、太った!

・・・デブ時代の私も、そう勘違いしていました。

もちろん、70kgに到達するまでに何度かダイエットに挑戦しました。
自己流の極端なダイエット(単品ダイエットやジョギング)に走ったために、ことごとく挫折。
私がダイエット&ボディメイクに成功したのは、ライザップとライザップウーマンのおかげです。

ライザップとライザップウーマンでは、トレーニングと糖質制限だけではなく、痩せる生活習慣を指導してもらいました。
朝起きて夜寝る、三食食べる、規則正しい生活を送る、姿勢よく過ごす等、小学生でもわかる内容ではあります。
頭では、分かるんです。
しかし生来、怠惰だった私がそれらを習慣化できるまでには、かなりの時間がかかりました。

ユキ

デブは一日にして成らず。

私が太ったのは、たった一回の過食が原因ではありません。
ストレスを言い訳に現実から目を背け、太る生活習慣を何年も続けたから、太ったのです。

同様に、ダイエットとボディメイクに成功するためには、たった一回ジムに行ったり健康食品を食べれば良いというものではありません。
強い信念を持って自分と向き合い、痩せる生活習慣を継続してはじめて理想のボディラインを手に入れることができるのです。

ダイエットとボディメイクに挑戦していると、体調が悪くなったりメンタル不調に陥ったりすることが多いです。
なかなか変化しない体重や体脂肪、ボディラインにイライラし、諦めそうになる時が何度も訪れます。

ライザップとライザップウーマンでは、二人三脚であなたのダイエットとボディメイクをサポートしてくれます。
ライザップとライザップウーマンに入会しなかったら、私は今も70kg・・・いえ、それ以上のデブの姿でいたかもしれません。
ライザップとライザップウーマンには、感謝しています。

ユキ

ライザップ会員の紹介があれば、入会金5万円が無料になります。
ライザップライザップウーマン入会希望で私の紹介を受けたい方は、カウンセリング予約前に問い合わせもしくはTwitter DMからご連絡ください。
70kgから53kgへのダイエットに成功するために身につけた痩せる15の生活習慣70kgから53kgへのダイエットに成功するために身につけた痩せる15の生活習慣

今すぐ無料相談予約

ライザップウーマン銀座店ダイエット体験談アラサー女子口コミレポ162cm58kgの32歳がライザップウーマンでダイエット&ボディメイク始めるよ!

今すぐ無料相談予約

ライザップ
【ライザップ体験談1話】ライザップメソッドで12kgの減量に成功!メンヘラアラサーデブ女のダイエット成功記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA